第75回 インセクトフェア@大手町

Pocket

第75回!なんですね。

大手町インセクトフェア、参加してきました。

当日は、AM10時、開場。

ですが、9時の時点で、なんと外までの行列。

数年前は、9時10分ぐらいでも十分に、上階の入場の踊り場まで行けたんだけどな~

ほんとここ数年、驚きの盛況ぶりです。

場内撮影は厳禁です!

肖像権やら、いろいろ問題がある昨今。デリケートなところです。

しかし、最近はスマホで簡単に撮れてしまうので、結構撮ってる人いますね。

 

【標本をシャメして買うかどうか友人に尋ねる】っといった手法が、台湾人の参加者の間ではふつうのようでした。今回は多かったですね、台湾からの愛好者たち!

画像利用について、撮った人物に任せるほか無いというのは難しいところ。

また、<体育の日>の関係からか、子どもが例年よりも少なかったようでしたよ。

 

趣味と商売のあいだ

自分のミヤマ箱は、大変恐縮ながら、標本商のプロの大先輩の箱に乗っけてもらってました。

 

ネットでつながってる方々にお声をかけていただけて、また、初めてお会いする方も少なくなく、じつに嬉しいひと時でした ♪♪

 

やはり、関心ごとが重なる人と話すのってじつにいい時間ですよね~新鮮。

 

展示の箱も、いつ手に入れたか分からない、一番どうでもよい年式不明な「プラ製ドイツ箱」で行きましたが~交流のネタには十分なりえたかな~と、思っております!!!

 

 

後半、良く見ると、触角が飛んでしまってる、つまり何らかの原因で触角が欠けてしまった標本があったり。

幸い、欠けたパーツは、箱内に発見できまして修理は可能ですが・・・とはいえ、箱より外に飛んじゃってLostなんてのはキツイですね。

なので、展足品の箱の場合、そういった事態も想定しなければならない、というわけですな~いまさらですが。

今回の教訓: ドイツ箱の蓋は、極力閉めておきましょう(爆!

 

関係者の皆々様、お疲れさまでした!

お会いできなかった方は、またの機会に。

 

今後のために。

昆虫関係の展示会の情報について。

以下の六本脚さんの情報ページが有用です。
昆虫文献や用品をもたらしてくれるステキなショップです。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください