おれ流~標本箱のメンテナンス:防虫剤&ガラス面の磨き方

続いて、防虫剤について。

先の白元アースの除湿剤にもあったように、防虫には、ワサビエキスというのが昨今のトレンド?かなと思います。

あと天然ハーブって感じでしょうか。

いずれも「自然由来」成分なので、人体に影響が少ないと考えられるからですね。

 

そんなトレンドにも脇目もふらず、個人的にはずっと、これ一択。

白元アースの「ミセスロイド」

 

もちろん、気分的に「天然」なトレンドものにも移行してもいいかもしれませんが、別にいいかなw

 

 

見た目はスタイリッシュ!

ですが、

分解すると、あらら、なんということでしょう。

本体は、単なる青い紙きれ

この「プロテクター」、開発したわけですからね、白元アースすごい。

エコを意識した紙梱包の他者製品がたくさん出てきてる時流ですから、このスタイルいつまで続くか見届けたいと思います。

この紙きれを、除湿剤の上に貼り付けるのもありでしょう♪

 

かつては、省スペースを目標にしていたため、ミセスロイドを立てて設置していました。

60の標準箱だと画像のように高さがちょうどいいのですが、

55の薄箱だと、蓋を開けたとき頭が出てしまいます。

なので、立たせるにしても若干「斜め」にしなければならず、コツがいります。

最近は面倒なので、左辺を壁に当てて右に針を打って、このように置くようになってしまいました。

 

このように、除湿剤に加えてこうした防虫剤を入れておけば、そうそう不都合はでてきません。

大切なコレクションのために手間を惜しまず、ですね。

 

 

 

***

つづいて、ドイツ箱の磨きクリーニングについて。

磨くに当たって、消毒用アルコール&マイクロファイバー、を使う。以上!

これが単刀直入に、自分のベストですw

 

マイクロファイバーは、カー用品店やホームセンターで、「徳用」ってまとめてだんごで売ってるもので十分です。

ガラスを磨くのは、これがいちばんキレイになります!

ただこれだけではキレイになりません。

水気が必要です。

 

シュシュッとかける洗剤等については、

ガラス用マイペットやルックガラスクリーナー、液晶洗浄液、PC周辺機器系のクリーニング用品などいろいろ試しましたが~~~

コロナ禍の中、今や全家庭にあるであろう消毒用アルコールスプレーで十分ということがわかりました・・・。

 

消毒にもなりますし、一度試してみてください。

 

表面のガラスについた手垢塵ほこり

内側のガラス面のくもり、標本が発生させる有機的なガス?な脂分?、粉吹いたカビ的な汚れ、それとニオイ、全部すっきりです。

また、マイクロファイバーは基本的に燃えるゴミで使い捨てです。

衛生面的にもいいと思います。

 

ホント、経験と学び、ですね(;´д` )

その昔、眼鏡拭きのクロス(Lサイズ)をわざわざ高い金だして買って、洗っては使い回してたのは内緒です・・・。

 

Author: jinlabo

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください