Lin, 2021 台湾北部産キアシミヤマの新種

Description of Lucanus yulaoensis sp. nov., a new species stag beetle from northern Taiwan (Coleoptera, Lucanidae)
Jing-Zhi Lin, janvier 2021. Faunitaxys, 9(2) : 1 -5.
http://zoobank.org/8F1471BE-86C5-40A6-A87D-8E63F0E74D18
論文は以下からダウンロードが可能です。(スクロールしていった下のほう。タイトル見てください!)

https://www.faunitaxys.fr/articles/

 

著者ご本人から許可を得たので、ここに紹介です!

名のYulaoは地名「宇老」にちなむ。
中文名は「宇老深山」とのこと。
ビークワミヤマ特集では30ページにおいて、キアシミヤマの北部産個体として図示したが、晴れて新種となったわけだ。
大顎の内歯の違い、体色が赤褐色であることがポイント。
また、図示されたように、大顎の発達の仕方、前胸の後ろの角の部分の尖るかなだらかか、脚の基節の根元と腹部の交わる点のカタチの点で、形態的にも異なる点が明らかであるのが興味深い。
あと、著者より♀の形態がより顕著だとメッセージもらいましたので、図示しますね。
ヒメミヤマ(fortunei group)のカタチを見せている♀ですが、たしかに、前胸の張り出しの部分が微妙に異なります。
マイルドなラインと、気持ち角張るラインとでは印象がだいぶ異なっているのが分かるかと思います。
ケイ節の尖り部分は、難しいですね~けっこう個体差あるので。
以上、追記でした!

一方で、これよりもはるかに形態が異なるのに、どう分類したらいいものか悩んでしまう「台湾深山Lucanus formosanus問題」も、反り立つ壁のごとくにそびえている。

台湾のポテンシャルに感動。。。

Special Thanks, Lin !!

Author: jinlabo

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください