フォントミヤマ sp.fonti @安徽省

Pocket

 

安徽省Anhui産のLucanus fonti.

60mmにまだまだ届かないサイズながら、なかなか雰囲気が出てる個体。

同サイズながら浙江省から得られた個体とは、どこか異なるような風味を感じる。

大顎の発達具合、内歯の大歯のバランスとか、

ボディの比例(このサイズにおいてちょっと頭がでかい感じ)、

体色(〆処理を考慮しても、黒いんだな~)、

微毛の感じ(灰褐色のうっすら微毛がびっしり)、

などなどなど。

 

ただ、ゲニ(交尾器)はたいして変わらない。

なので、地域差なのだろう、とここでは留めておくほかないですね。

フォルムで言えば、あまり数は見ていないけれども、安徽省のほうが、カッコいいと個人的に思います。

ここら辺はもう少しサンプルが必要だね。

もっと顎先が広がった大顎をもつ個体を見てみたい!

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください