低気圧が来る前に

Pocket

大暑を過ぎてようやく気温が上がってきたとはいえ、雨続きの東北です。

いまいち盛り上がらない。

セミの鳴き声すら聞こえない。

静かな静かな山のなか。

例年になく、ポイントの地面はぬかるんでいる。

小鍬形 Dorcus rectus

顔を出している。

どこか炉惑いがちに。

なにやら空の様子をうかがっているかのようにも見える。

 

寄ってみる。

「雨、上がっ、ってないね。」

たぶん、そう言いながら、奥へ潜ってった。

 

コクワさまに言われるまでも無く、この山においてこういう感じの空気の時は、おおよそ、本命のLucanus様の不在の傾向は高い、と感じている。

実際に来て山に入らないと、その「空気感」ってのは分からないのが難しいっていうか、どうしようもないポイントなのだけどね。

まあ、はずしたときは、木を蹴りながら、ちょっとブルーになってしまいます。

 

案の定、Lucanus様がよくいる定位置には、彼らの姿はない。

そこには、ジースー。

条鍬形 Dorcus striatipennis

彼女をふたり連れたやり手な奴だ!

なのに、いち早く、落下するのは彼。

ドンマイ。

樹液を貪る女子たちは、カメラの接近なぞ何処吹く風。

そ知らぬ顔で宴を続けていました。

その図太さ、どれだけ種を守ることに寄与しているのだろう!じつに興味深い。

 

ジースー、コクワな黒虫が圧倒的に多く、ノコがそこそこ、ミヤマはゼロ。

うーん。ここのところの天気を読むのは、とても難しい。

去年の二の舞になってしまうのか。

いい個体に、ただただ、めぐり会いたいのです。

 

 

 

 

さて、夜から朝方にかけて、低気圧が来る。

 

七月も終わる。

 

 

 

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください