アデルマミヤマ sp. adelmae *Top

Pocket

Lucanus adelmae Zilioli, 2003
アデルマ ミヤマクワガタ

Lucanus adelmae Zilioli, 2003
: Myanmar

cf. M. Zilioli
“A description of Lucanus adermae n. sp., a new stag- beetle from Myanmar (Coleoptera, Lucanidae)”, in Atti Soc. it. Sci. nat. Museo civ. Stor. nat. Milano, 144 Ⅰ, 83- 89, Giugno 2003.
________________________________________

Myanmar

個人的に好きなミヤマ。

特筆すべきは、

触覚の先、片状部と呼ばれる部位が、6節であること。

ミヤマにおいて、触覚片状部が4~6節のあいだでゆらぐケースがいつくか確認されているのだけでども、この種に関しては、中近東のakbesianusibericusのような歩行性ミヤマのように、6節で固定された感がある。

ミャンマー近辺では、ラオスのサトウミヤマsp. satoi が6節の触覚をもつものとして挙げられるが、関連は不明。

大顎やサイズが近似する他のミヤマが、みな4節の触覚をもつことから、「この種のみがこうなのか?」と違和感を感じえない。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください