Beetles World 12: Lucanus chinhillensis

Pocket

Beetles World 12_2016. Jan


pp.1-9

“Description of new Lucanidae from Asia and remark about Neolucanus zebra(Coleoptera, Lucanidae)”
「アジアのクワガタムシ科の新種記載と ゼブラマルバネに関する考察」

K-D Schenk

Lucanus chinhillensis Schenk, 2016
チンヒルエンシス ミヤマクワガタ


本論文の前半(1-4ページ)は、Lucanus chinhillensis (チンヒルエンシス)に関する、新種記載となっています。

*****

さて、続きです(笑

先に書きましたように、Huangら(2010)によって、フェアメール sp. fqirmairei という学名は、従来「シセンミヤマ」として知られていた種の本来の名として整理されました。


しかし、前田氏のBE KUWA・50号(2014冬)のインドのクワガタ特集(9ページ)においては、その整理結果は反映されませんでした。つまり、ここで「フェアメールミヤマ」として図示されたのは、ミャンマー・チンヒル産の個体でした。

この前田氏が図示した種群は、ずっと国内では「フェアメール」と認識されてきましたのでね。

つまり、2010年にHuangらが学名を整理して以降、(前田氏がその整理を反映しなかったとはいえ)ミャンマーのチンヒル産の個体は、既知の種だけど、事実上の「名無し」となっていたわけです。

シェンクは、2010年のHuangらのを学名整理を受けて(おそらく「フェアメール」とされていたチンヒルの種群に「名が無い」事実に気づいて!)、手持ちの複数の標本を用いて記載に動き、2016年に晴れて記載となったわけです。



…そしたら、小型ペアで記載。

ゲニ考察なし。
うーむ。

*****

まず記載についての所感。

●ホロタイプ標本にかんするあれこれ

本論によると、タイプシリーズに指定したのは「3♂4♀」とのこと。。。。これに関しては、少なくない?の一言。

しかも、種の判別を担う重要なホロタイプ標本を、種の特徴が出ない小型個体にしました。

ミヤマにおいて、小型個体で外形的特徴の差異を判別することは、非常に困難です。個体差も鑑みたらなおさら。ミヤマ好きな皆様ならお分かりのことでしょう。

これは、本種の標本が、比較的多くもたらされたことを知っている日本勢としては、非常に残念な事実です。

ただ、それを記載するにも、なかなか困難な「壁」がありました。

なんども書きますが、ミャンマーからラオス・ベトナムにかけてのヒメミヤマの細い系の似てる種(フォルモサスとかキクロマトイデスとかツカモトとか・・・)ここら辺の総合的考察(ゲニ比較から各種ホロタイプ分析まで)が、記載には最低限必要だという認識です。

こういったのを精緻に整理しなければ、論文をしかるべきところに投稿しても、審査の厳しい昨今、「査読」に通るわけがありません。

そんなこんなでちんたらやってると~~~

査読が必要ない状況の出版、つまり「著者=発行人」でパブリッシュされ、先を越されてしまうわけです。

●ゲニタリア考察はなされてない点。


上記にも関連しますが、昨今の生物記載、とくに昆虫に関する科学論文において、「ゲニ考察」抜きの体裁は、ふつう審査通りません!

これが通ってしまうのが~アカデミックな場からは商用的と敬遠される「クワガタムシ」ならではの状況です。・・・ムシだけに無視できない状況です。

とりわけミヤマは、一種のなかで個体変異の幅が非常に大きく、外形比較のみでは客観的証拠としては足りないのです。

こうした結果、のちに続く研究者は、先行研究でなされなかったこと、つまり、記載対象の種のみならず、比較する種群の

・形体の変異が著しい種ならば原歯~大歯形の複数個体の図示

・ゲニの図示・比較

・ホロタイプ標本の確認

に着手しなければならず、いわば、普通に記載するより圧倒的に労力を必要とすることになるのです。

現状、そうしたなされなかったことが、積み重なってきている状況なのです。

これ、言うは簡単だけど、やるのは大変ですよ。マジで。

*****

以上、「フェアメール名無し問題」でした。

上記のように、

ミャンマーのフェアメールと言われていた種は、「不明種」ではありません。

「チンヒルエンシス」という名前があります。

さて、それでも引き続き、問題は以下が残っています。

・ミャンマーの似てる奴は何?
・シェンクが比較で用いたカンボジア個体って何?(ここでは言及しませんでしたが)

これも後ほど。

名前が出揃ったところを、日本勢が誇る良い標本を図示してまとめて行くのも、まあ良しとしましょうか~

では。

Special Thanks:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.