不明種 sp. @青海省

Pocket

Lucanus sp. 「名無し」と思われる中国のミヤマ。

青海省

Bangza Tongren County
青海省
20-27/May/2006

58mm

データがまず怪しいのだが、実際の個体の細部が既知種と異なる事実は、このデータは「あり」なのかなと思わせるに十分だ。

一見「シセンミヤマ」に似ているが、以下の点で異なる。

・触覚片状部2節目がほんの少し短く、5節目が発達傾向にある
・符節の長さが短い
・シセンミヤマのように頭盾の両端が上に尖らない
・顎先の開きが大きい

顎型がスマートな点も特徴だ。格好良い。

この種の大型はどうなるのだろうか。

おそらく頭部が大きく発達すると想像される♪

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください