Spring ephemeral

Pocket

片栗 Erythronium japonicum

 

人界のごたごたなどどこ吹く風、春は変わらずに訪れていて。

しばし、耳を澄ます。

無数の小鳥のさえずり。

風の音。

啄木鳥が叩く音。

栗鼠が動くガサガサ音。

地球とつながる。文字通り、「アーシング」。

 

残念ながら、ヒメギフは姿を現さなかったけれど。

“つかの間の春” を見ることができて良かった。

自然は、変わらずに、動いてる。

篭る日々でストレスフルな日々が続くけれども、

みなさんも、人のいない春の野山で、リフレッシュを!!!

 

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください