2019夏 雑感&初ミヤマ

Pocket

大変ご無沙汰しております!虫からだいぶ遠ざかっておりましたが、

ぼちぼち活動再開!!

さて、ここ一年で、SNSにおいて虫のネットワークがだいぶ広がりましたね。

国境関係なくフェイスブックのグループ共有はもとより、ツイッターでのつながりにおける情報伝達の早さなどはとんでもなくて。

そんなフレッシュな情報に触れることができる利点の裏側では、よくないことが盛りだくさん。

ヤフオクでも出どころが大体わかってしまうし、インチキも容易に看破できるし、ebayなんかは採集地のハンターたちもスマホ片手に値段が見れちゃうし、極めつけは、密輸で捕まっちゃう日本人の多いこと・・・

小さなマーケットだった昆虫標本商の世界は、SNSを駆使するにわかな「生き虫」素人に、主として「価格」のところで荒らされ放題。国際的にも国内的にも法的に規制の包囲網が、健全な趣味人を追いやる事態になってしまっています。

書きたいことは山ほどあるけどな~
ひとえに、自分のように影響をいろいろと熟考しちゃう奴は、商売には向いてないってことですな。

でもしかし、これから虫の世界に入っていこうという人には、どこの情報を土台に、誰を頼りにしたらいいのだろう、って感じだろうな。

 

そんな現状に嫌気が差したって訳じゃないですけどね、スマホが死んだのを契機に、しばし端末を用いたSNS習慣から離れていました。このブログも、アカウント忘れるほどに。笑

連絡取れないぞ、生きてんのか?って心配してくださった同志のみなさま、失礼いたしました!

ビッダーズやクワ若葉な掲示板の2000年くらい、あの頃の、ちょっと遠くの趣味人たちとつながる特別感、いや~平和だったな~と、しみじみ振り返っちゃいます。葛さんがご存命だったら、何と言うだろう。

 

とまあ、ぼやきはこのくらいにして。

 

連日雨の東北でしたが、7月に入ってようやく晴れたので、

ひとっ走り山に行ってきました。

この時期はなんといっても毛虫

Lサイズなもふもふじゃないちくちくが、樹皮に同化してあちこちにいて怖いんだけどね~蹴るとときどき落ちるし!それもスリルたっぷりで、またオツなんだけど♪

 

ほんと、毎度思うことだけれども、一年でだいぶ景色が変わりますね。

強風のためなのか、根こそぎ倒れている木々があってちょっと驚き。

でも、そのおかげで、林の中にスペースができて、日光が当たる場所ができて。

そういう新しい日のあたる場所に位置した木が、虫たちが憩う新たなポイントになってるわけ。こういう「自然」の理を、ぼくは面白いな~としみじみ思う。

子どもたち用に一応、数を確保。

時間帯をもう少し見極められたら、もっとイイ感じかな。

 

ミヤマはみな金毛さらさらの新鮮個体ばかりでした。

今回は最大で66㎜、あとは60前後が多かった。

3つくらい、大きい落下を見失ったのがあったのがちょいと惜しかったです!

 

やはりミヤマとノコでは、落下音(感)が違いますね。
ノコは「ストン」、ミヤマは「バサッ」。ミヤマは脚広げて落ちるからだと思います。

分かる人にはわかる、細かすぎて伝わらない領域・笑

66㎜でも、頭突起がいい形のイケメンでした。

山の恵みに感謝!

 

そうそう、山から出るとき、「カナカナカナ・・・」

ヒグラシが鳴いていましたよ。

 

いよいよ夏が来ますな!

では。

 

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください