参の巻

Pocket

本日受領。フェアでは荷物になるので飛脚便に頼りました。

いやまだレビューではありません。

もう眠いです。
でも、書かずにはいられないことが。。。

第一に。
高いな~値段。
なんで、巻を重ねるごとに、高くなるの??

なんで、ハードカバーなの??
表紙の図柄のテイストも変えちゃったし。

こういう不統一な感じ、私には、いまいち、理解できません。(あくまで私個人の美意識の範疇ということで、勘弁くださいね)

第二に。
なんで、まだまだミヤマLucanusについて書いてるの(笑?

巻がミヤマ特集で~巻がドルクスで~って感じで、弐におけるミヤマは、あくまで壱の追補みたいなものだったのでは?

まあ、壱の内容で足りるともこれっぽっちも思ってはいなかったけど。

ミヤマ用に弐巻、も参巻も、冒頭部分、切っちゃうぞ~
「自炊」って奴。
だって、重いんだもん。

さて、小ネタ。

鬼深山
“オニミヤマ”

Lucanus wemckeni
のこと。

いやはや、中国の虫掲示板上だけの呼称かと思っていましたわ。
本当に、日本で言うところの「和名」みたいなもんなんだ~まじか笑
2014年に盛り上がってたんだよね~大きいの採れてたんだな。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください