フォントミヤマ sp. fonti

Pocket

浙江省 Zhejiang 産の中歯型。

Zhejiang

 

数あるヒメミヤマ系のなかでも、印象に残るロングボディーな寸胴フォルム。

一見細いように見えるが、意外とそうでもない。

灰白色の微毛を纏ったボディは、ベトナムのヒメミヤマ系と比べたりするならば、けっこうがっしりしっかりとしているように感じる。

極大個体を見てみたいものだが、なかなか入手が叶わない。

まあ、この手の種は、産地が当たれば大量に採れることは間違いないので、気長に待ちましょう~

とはいえ、中国における環境の変化(ダム開発や緑の一掃)はあまりにも急激過ぎて、正直怖いのだけどね。


メスも同様に、細長い。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください