Nagata, 2012 ~ヨーロッパミヤマクワガタのドイツ神話学

Pocket

永田善久
「ヨーロッパミヤマクワガタのドイツ神話学」


『思想』 5月号(No. 1057)
2012年 岩波書店
140-170頁.

思想 2012年 05月号 [雑誌]

岩波書店

 

-Japanese only.
___
ドイツ文学者である永田先生の、ヨーロッパミヤマをめぐるあれこれをつづった論考。
ミヤマに興味ある人は読まなければならない論文。

とにかく、

Lucanus cervusを、ラテン語読みで「ケルウス」と呼称することが、まず、かっこいい。

周知のように、一般的に、ヨーロッパミヤマは、「ケルブス」と呼ばれる。
もちろん、「ブス」だとかっこわるいので、
気持ち的に、「ウ」に点々の、「ヴス」と表記にしたいところ。

もっとも、私の場合は、今は亡き葛さんがフランス的に「セルヴス」と呼んでたのにならってそう呼称していたのだけれども、この論文を読んで以来、ケルウスと呼ぶことにしました。笑

本論は、以下のような構成。
_____
はじめに
1.ケルウスとグリム童話
2.ケルウスの分類学、分布、形態学、語源学
3.ケルウスの生態学と民俗学―『ドイツ神話学』の中のケルウス
4.ケルウスをめぐるポエジー
5.現代ドイツにおけるケルウスの法的保護と日本での取り扱い
6.日本におけるクワガタムシ受容
おわりに
_____

タローニ氏の図録を、ドイツ語圏へシフトして文字起こした的な内容ですが、文学者ならではの切り口は、好奇心をくすぐるに十分すぎます。

デューラーに由来するこの水彩画に描かれたケルウス。

”北方ルネサンス”、まさにドイツ語圏で、500年前に画家の眼で捉えられ活き活きと描かれたこの虫は、今も変わらずに、ワールドワイドに我々を楽しませてくれるんですね。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください