先天性 ~異常型と奇形のあいだ

Pocket

L.nobilis
顎先が丸く弧を描くフォルムの型。


アクベシアヌスがもつのと同様の変異パターンを示すノビリスはとても面白い種だ。

個人的に、顎先がぐわって開くミヤマが好みってだけなのですが。

丸いのやら、直線的なのやら、うねうね湾曲するの、やらやらやら・・・

L.luci
顎の基部でほんのり溜めをつくって湾曲する型。

ツカモトとか、クラーツとか、
雰囲気似てる種はほどよくいるけれど、
近いのは、間違いなくフジタだよ~なルック。

そのうち、比較大会でも開催しますね。

乞うご期待。

さてさて、上に図示した2個体。

互いに共通する部分があります。
なんでしょう~。

それは、右前足。

奇形で、短いの!!!

展足して、はじめて判明する、あまり嬉しくない真実。。。

しかし、お二方ともどうして、右手なのだろう???

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください