ツカモトミヤマ sp. tsukamotoi

Pocket

ツカモトミヤマの2000年, タイのNan ラベル

この個体に限っては、近年ポピュラーに出回っているラオス産の個体と比較して、形態的に「骨太でごつい」印象がある。

ミヤマの個体変異の常だけれども、これも、また個体変異の範疇といっていいだろう。

Nan, Thailand


そして、顎先の開きはおとなしい。

L. Luciの記載〉に際して、形態比較に用いられたのは本種。

顎の基部の形態(歯の形状)が似ているからではあるが。

 

一方、顎先が大きく開き、基部にこの独特の歯型をもつ種は、限られる。

sp. luci との比較に留まらないほうが良かったかも、などと愚考します。

 

この点は、【ヒメミヤマ系=fortunei group】を論じる際、顕著なキャラクターとして注目すべきと考えます。

しかし、古くから知られている、中国の「フォーチュンミヤマ」と「シセンミヤマ」、この2種って、なんなんでしょうね~。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください