プロスミヤマ sp. prossi

Pocket

Chudu Raji 2800m
Kachin, Myanmar
Aug/2006

63mm

なかなか良い個体がいないプロスミヤマprossi だが、うねる大顎がポイントの良型。

この種のような“シセンミヤマ系統”は、個体変異に富んでいて良いカタチの個体に出会うのは難しい。

しかしながら、先にあげた個体とは、「大顎の質感」や「体のつくり」に少々ニュアンスの違いを感じざるをえない。

Lucanus szetschuanicus
ssp. lati
Nagai, 2000

シセンミヤマ亜種とされたssp. latiは、
sp. prossiと考えられたようだが・・・一つの名ではくくり切れない可能性が感じられる。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください