sp. @福建省

Pocket

いわゆる“クラーツ系”
sp. kraatziの小型個体にしては、ボディサイズが大きすぎるように感じる不思議な個体。

福建省

Lucanus sp.

Wuyi shan
Fujian, China
Jun/2000

51mm

sp. brivioi とも一時考えられたのだが、type標本を検した今では、それはないと思われる。

内歯が一対で小歯を欠くのが特徴だ。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください