ユダイクス ssp. judaicus *Top

Pocket

この種について、私はあまりいい印象がない。

その巨大な体躯ゆえに、「100mmUP!」などと巷ではサイズばかりが取りざたされ、騒がれている。

そんなLucanusを代表する一種なのだが・・・
実際に、自分の美意識にグッとくる良い個体を見たことが無かったからだ。

単に大きいだけで、いまいち不恰好。。。

以後ラテン読みで「ユダイクス」と呼ぶことにする本種には、そんな個体が多い気がする。

これは、初めて自身のアンテナに反応した個体。


Qal at al Hisn
N-Syria
Jul/1997

95mm

北米のエラフスミヤマLucanus elaphusがもつ比例に匹敵する。。。
注目すべきはその発達した頭部と大顎。

もはや、驚異である。
サイズより大きく見える。

欲を言えば、もう少し顎先の二股部分に動きが欲しい・・・。

 

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください