Fujita, 2007 ~ミヤマクワガタ大図鑑 

Pocket

藤田 宏
「ミヤマクワガタ大図鑑」
BE-KUWA, No.23, pp.8-23
Apr.2007

 

BE-KUWA (ビー・クワ) No.23

むし社(編集)/むし社

 

待ちに待った(?)世界のミヤマクワガタ大図鑑である。

執筆者は、むし社の藤田宏氏。

 

「珍品度」なるカテゴリは、買い物するときの「限定品」って感覚と似ている・・・(笑
こういう遊びは、ビギナーの愛好者の楽しみが増えて良いと思う。

まあ、実際は、生き物なのだから、一旦生息場所が分かれば、それなりにたくさんいるのだろうけど、人目にあまり触れることの無いレアなものは、みな興味ありますもんね。

 

今回気になったポイントを、以下に挙げる。

 

① L. cyclommatoidesが、L. formosusにまとめられた。

ラオスのシェンカンが基産地であるLucanus formosus
ラオス側で採れるcyclommatoidesと思しき個体は、ベトナム・サパのものと違いは無いと判断を下した結果である。

私見をのべるならば、ラオスのものは、違うような印象をうけている。
ラオスの個体は、ベトナムのものに比べ、

・微毛が少なく、黄色さが際立っている
・顎の湾曲がゆるい
・顎先の開きが少し大きい、などなど。

こうした微妙なニュアンスレベルの違いで、同じとするか違うものとするかは、むずかしいところだとも思う。

 

ちなみに、尊敬する葛信彦氏の論文(月刊むしno. 378, Aug.2002, pp.2-14)においては、

sp. cyclommatoides “ホソアカミヤマ”として、和名付きで、掲載されている。

ごちゃごちゃになるので、キクロマトイデスであろうが、フォルモサスになろうが、和名の「ホソアカミヤマ」は存続させるほうがいいかと思っている。

 

② L. kraatziとして図示された個体

これは、イタリアのZilioli氏が記載したsp. brivioiではないだろうか?

頭部の張り出しの扁平感、微毛が無い、内歯の形状などの特徴から、sp. kraatzi とは全く別と思われる。

 

 

 L. sericeusなど、「亜種が多い種」のプレートが少なかった点。

紙面の都合上といういいわけは、悲しいな~~~是非とも図示してもらいたかった。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください