【異常型】~頭部に複眼出現!なセリケウスミヤマ

Pocket

文献をいろいろまとめている最中でまだまだあるのだけど、UPするのが文献ばかりだとつまらないので、ここでひとつネタを。

 

奇形です。もとい、異常型です。

 

ぱっと見では、何の変哲もない、セリケウスミヤマLucanus sericeusのラオス亜種ssp. ohbayashii 

 

近年は、ラオス・ルートも安定してきており、生き虫の入荷も見られるほどです。

 

そうして人目に触れる機会も多くなり、むしろかつて定番だった〈タイ産のセリケウス〉よりもポピュラーになりつつある、ラオス亜種ですが、この個体、よくみると、頭部がえぐれちゃっていて!

 

「あちゃー奇形だね~」

(=いらないや~)と見過ごしてしまうようなあまり格好良くない状態の個体です。

クワガタって、結構奇形が多くて。

羽化不全の症状から、先天的なものまで、多岐にわたります。

 

ですが!この子。よーく観察すると、なにやらおかしい。。。

 

その頭冠の陰影のなかに沈む、キラリと光る黒いそれ。

 

。。。え?

。。。。え??

 

。。。なんか、こっち見てるし!!!・・・*´゚Д゚ノ)ノ

 

ゴゴゴゴ。。。。

 

はい、眼です。

 

眼ですね。眼!

 

 

こういう異常型の話は聞いたことあったけど、セリケウス・ラオス亜種で出なくとも(笑

 

こんなの、「寄生獣のミギー」を想起するのは、僕だけじゃあるまい!

 

異常型のサンプルとして、載っけておきます。

では。

 

 

 

 

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください