ケルウス ssp. turcicus@ブルガリア

Pocket

久々に欧州の新規の出物があり、出所に直アクセスして入手。

ブルガリアのケルウス亜種トルキクスssp. turcicus

第一の特徴としては、触角片状部が、6節

まず、コレが基本。

 

そして、特徴的なボディのフォルム。

まるすぎる。

こんなのがケルウス原名亜種と同じはずが無いじゃないか。じっくり見ると、異なる点が多々目に付くわけで。

また、太短い大顎も、本亜種の特徴のひとつ。

 

ブルガリアのトルキクスに関しては、1980年代の標本が多くて、それなりに数は採れていたと推察されます。ここらへん、トルキクス狙いで採りに行けば、きっといっぱい採れるんだろうな。

今回の個体は、ブルガリアの黒海沿岸エリア産。

Burgas

そのまま南下して、トルコの北にもいるのだろうなと想像するけど、どうなのだろう。

ギリシアGreeceのケルウスは、ブルガリアのとは逆に、フォルムが細くなってゆく傾向があるし。

はたまた、そうしたケルウスの境界において、アクベスakbesianus はどこから出現し出すのか、ここらへんの興味は尽きませんな。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください