sp. liupengyui

Pocket

2017年の『中華鍬甲・参』のトップ(1~4ページ)を飾ったニューフェイス、Lucanus liupengyui 刘鹏宇深山。


人名だと思うので~日本語でなんと呼べばよいか、正直、悩みます。

そのままで、「リュウペンユウ ミヤマ」、でいいのかな。

それに、記載間もないことからもほとんど知られておらず、

かつ、地味です笑

ヒメミヤマ系統が好きな私自身も、感動が、薄い感じです ω-)-ω-)-ω-)

ただ、玄人好みな体型バランスは注目に値するかな。

レアなブルアンsp. bruanti スミスsp. smithiiと比較され、2015年に奥田氏&前田氏によって記載されたジビsp.jibiiにも言及されるあたりで、一定のツボにはハマる種かな、と。

あと種数コンプを目指すコレクターには外せないかと思います。

最大の特徴は、顎先の屈曲zzzzz。

大型は顎が太く張り出してきて、なかなかの風格を見せます。

展足したら、またどこかで書きますね。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください