マクロフィルス 羽化~その弐

Pocket

晴天の本日、一部割り出しを決行。

マクロフィルスミヤマ

幼虫が見えないボトルをいじってみると、前の個体よりも少し大きめのサイズの子が顔を出しました。

ひとまず、安堵。。。

完璧な羽化です~キレイ!

頭の張り出しがちょいと発現しているあたり、なかなかステキ。

短足プセウドルカヌス系で、この頭は、けっこういけてる!!!

実測はどうでしょうかね~45は取れるかなというところ。

ブリード個体、でかい!(再確認)

それと、
採卵からではない別ラインのバルバロッサを掘り出し。

9ボトル中~4♂/4♀/1♂蛹室内死亡
という結果でした~

羽化不全ほぼなし。(一頭♀お腹出気味。)

セラー組みの中、
マット交換無し一年以上放置&一番手をかけていないライン、でこの結果。
温度はおそらく、これで問題ないと思われます。

よかった。結果オーライです。

サイズ的には40mm~45mm程度までで、グラデーションな感じです。

試行錯誤するとするならば~

マット選び、とその導入時期でしょうか。

でもそれ以上の「何か」、「きっかけ」というのでしょうか、

そんなのがないとサイズ的に飛び抜ける変化はないような、気がするんですよね。

直感なんですけど。

漫然と変化の無いブリードを繰り返すのはガラじゃないので、

続けるにしても何か術を考えなくてはと、

どこかで、無駄に、焦りを感じています。

いずれにしても、
バルバロッサ50mmへの道、
探求は続きます。。。

Author: jinlabo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください